茶道具買取 茶碗

茶碗

茶道具の中でも取り分け重要なものとして扱われ、数々の窯などから生み出されている道具といえば、やはり茶碗でしょう。現在では、飯茶碗などで使われることも多いのですが、実際は茶を飲むために作られているので、茶碗という名がついたとされています。陶磁器製の碗を指して、茶碗と呼んでいる事からも、広くは陶芸品としての存在となっているのです。

茶の伝来と共に茶碗が伝わった

元々、茶碗が渡来してきたのは奈良時代から平安時代と言われています。今まで、茶を飲む文化が無かった日本において、その茶の伝来と共に茶碗が伝わって来たという事が知られています。年代を重ねるごとに、茶人などの出現などにより、煎茶がとても人気を博すようになります。 そういった事からも、抹茶茶碗だけではなく、煎茶用の煎茶茶碗、白湯・番茶用なども登場しており、数多くの茶碗がこの当時誕生し始める事となっていったのです。そして、明治時代になっていくと、磁器の飯茶碗なども多く出回るようになっており、様々なデザインの茶碗が登場する事となっていったのです。 さて、そんな茶碗なのですが、現在ではハッキリと日常的に使う茶碗と茶道具としての茶碗の存在が別れてる事が分かります。茶道具としての茶碗の場合ですが、「一楽、二萩、三唐津」というように、愛好者達にはブランド化されています。詰まるところですが、唐物と呼ばれる天目茶碗であったり青磁の茶碗、こちらが重宝されるものです。そして、高麗茶碗と呼ばれるものも、とても人気があります。 井戸茶碗や三島茶碗が代表的ですが、朝鮮王朝時代に渡来してきたこの高麗もの。日本の茶人が茶器に見立てて使っていた事から、茶道具の中でも取り分け侘び寂びを感じさせる、有名な茶碗となりました。そして、和物。日本で生まれたものであり、楽焼や剥ぎ茶碗、そして唐津茶碗に志野焼などの美濃焼などが有名です。産地、作り手、そして年代。これだけでも、大きく価格が変わってくるのが、茶碗です。茶道具買取・茶碗でも、常に注目される商品のひとつなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ