【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 蓋置

状況に合わせて使い分ける事ができる蓋置

 一般的に蓋置というと、様々な用途があると思いますが、茶道においての蓋置は、釜の蓋や柄杓の合をのせるための茶道具として位置づけられています。さらに、材質も様々なものがあり、その時々の状況に合わせて使い分けることができるので、とても便利です。竹、金属、陶磁器類などがあり、多くの作家達によって日々新たな蓋置が作られています。竹製の蓋置は引切と呼ばれており、竹の根元にあたるほうが上になるように、逆竹に切る決まりとなっています。また、蓋置は炉と風炉によって使い方が変わってくるようで、天節と呼ばれている上の端に節があるものが、風炉用です。また、中節と言われているものに限っては、真中にあるものが炉用となっているようです。

七種蓋置はとても特別な扱い

 千利休の好みは、火舎と五徳、一閑人、三つ人形に蟹、さざえ、三つ葉の7種類がとても有名です。「七種蓋置」などと呼ばれているほど、とても特別な扱いとなっており、茶道具買取においても高い価格で取引されています。蓋置は、造形的な自由が幅広く、先述の蓋置については、一見蓋置には見えないような造形力に優れたものが多いです。

もっとも格式が高い蓋置 火舎蓋置

 中でも火舎蓋置は、香炉を蓋置に見立てたものであり、もっとも格式が高い蓋置として扱われています。また、長板や台子で使われることが一般的で、その品格も他の蓋置とは一線を画しています。蓋置は、現在でも数々の作品が生み出されています。今後も、蓋置は茶道具買取で注目されていくでしょう。是非、注目してください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談