【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 藤原雄
 藤原雄といえば、日本を代表する陶芸家のひとりであり、人間国宝にも認定された人物として有名です。藤原雄は、1932年に岡山県の備前市に生まれており、藤原啓の長男として生まれています。 備前焼の街で生まれており、さらには父親も有名だったため、幼少の頃から多くの芸術に触れて育ちました。しかし、藤原雄というとハンディキャップを持っている人物であることでも知られています。視力が非常に弱くに右目は0.03であり、左目にいたっては全く視力が無く見えない状況です。 このように日常生活に困難をきたす状態でありながらも、父親のは健常者と同じように育て、ある意味での特別扱いはしなかったそうです。檻の中に閉じ込められたような生活ではなかったためか、とても自由に育った藤原雄。青年時代には文学や音楽を愛し、芸術的センスを徐々に身につけました。

オリジナリティあふれる備前焼

 藤原雄が作り出す作品は備前らしさを持ちながらも、全く次元の違う現代的な作品でした。備前焼の伝統を重んじていながらも、そこにオリジナリティを混ぜたアプローチで、備前焼の新しい世界を切り開きました。

角度を変化させて陶芸の新たな側面を獲得

 藤原雄は後進の発掘にも積極的でした。「焼き締め陶公募展」というユニークな公募展を開催しており、この実行委員長を務めました。また、息子は藤原和といって、陶心会会長と備前陶友会理事を勤めている有名陶芸家です。備前らしい悠揚と堂々とした作品だけでなく、角度を変化させて陶芸の新たな側面を照らした、それが藤原雄です。茶道具買取の世界でも、広く知られていることからも、高価買取が期待できる作家です。今後の活躍も、しっかりと見極めていく必要があるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談