【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 西岡小十

西岡小十

 西岡小十といえば、誰もが知る大陶芸家のひとりです。しかし、この西岡小十なのですが、無冠の巨匠と呼ばれており、賞を受けることがありませんでした。その作品自体はとても優れており、世界的な評価も高いです。一体どういった人物だったのでしょうか。
 西岡小十は1917年に唐津に生まれました。陶芸の街として知られる唐津だったため、幼少の頃より数多くの作品を間近に見ており、そのセンスもそこで磨かれたのではないでしょうか。西岡小十は、後に小山富士夫と出会い、人生が変わりました。桃山時代の唐津焼を復元するために、日々研鑽を続けました。小十という号の由来は、衣干山に築いた小次郎窯の呼び名からと言われています。唐津焼の名手として素晴らしい技術を持っていただけではなく、数多くの功績も残したのですが、小山冨士夫の推挙打診を固辞するなど、頑に名誉などを嫌っていたことも有名です。自分の芸術作品が肩書きにとらわれるのではなく、純粋に作りたいものを作るという心意気が、多くの陶芸ファンを掴む要因ではないでしょうか。
 桃山時代の唐津焼を再現することに重きを置いていたため、発表される作品は古唐津が多いです。斑唐津から朝鮮唐津、絵唐津に始まり、さらには彫唐津に絵斑唐津、梅華皮唐津など、幅広く手掛けました。唐津焼の名手が他にもあまりいなかったことからも、その名前と功績は非常に高く評価されることとなり、現在でも西岡小十の多くの作品が茶道具買取でも高価買取となっているのです。常に自らの芸術を信じ、極めようと頑なにその姿勢を変えることのなかった、西岡小十。その姿勢こそ、本物の陶芸家だったのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談