【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 西村彦兵衛

西村彦兵衛

 漆器商として数々の名品も提供した人物といえば、西村彦兵衛です。京都に生まれた西村彦兵衛は、蒔絵を学び作品を作りながらも、象牙で名を馳せました。後に象牙屋彦兵衛として有名になりました。象に乗った普賢菩薩像の蒔絵の額を、菩提寺の蓮光寺に掲げたことでも知られており、そこから象彦と呼ばれ、屋号にもなったようです。
 西村彦兵衛といえば京都を代表するような漆芸人なのですが、彼が何故、象牙で有名になったのでしょうか。それは江戸中期に京都の象牙屋に奉公した際に習得した漆芸が契機となっているからです。そして、主家の後を継いでから象彦と称されるようになったのです。
 西村彦兵衛の作品は滑らかなタッチだけでなく、美しさも兼ね備えています。菓子器などは厚めに塗られているのですが、その軽さは他には無いような風合いで出来ているのです。茶道具でも必要な、この漆芸なのですが、現在でも象彦は店舗として、数々の作品を提供し続けています。芸術作品というアプローチでありながらも、出来るだけ日常的にも使える、そんな作品を数多く手掛けています。
 元々、象彦は朝廷に抱えられていた上質な作品を生み出した人物です。有名幕府大名、財閥の関係者、さらには茶道具界の重鎮の好みものから貢献品を手掛けていました。象彦の作品の中には、塩山蒔絵の重要文化財室町時代写もあります。重要文化財の写しを作ることで、本歌取りのような手法を使っていました。こういった遊び心を持ち合わせているのが、西村彦兵衛の残した精神なのではないでしょうか。厳しい茶人達の心を満足させてきた、その高い技術力があるからこそ、西村彦兵衛は評価され続けるのでしょう。茶道具買取に関しても、今後も注目されていく人物です。新旧問わず期待されているのが、西村彦兵衛なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談