茶道具買取 角谷一圭

角谷一圭

  茶の湯の業界で知らぬ者のいない大家と言えば、角谷一圭でしょう。釜師として、数々の名品を生み出していったその実力と名声。茶の湯釜の重要無形文化財保持者としても広く知られており、茶道具買取の市場においても非常に注目度の高い作家のひとりでもあります。商工省技術保存資格認定や勲四等瑞宝章など、名誉ある賞を受賞していることで、若い世代の憧れとしても知られています。
 角谷一圭は1904年に大阪市東成区深江に生まれています。父親が鋳物師として活躍をしていた、ということもあってか6歳という幼さで既にこの世界に入っていたということです。年月が経つにつれて、自らも茶の湯に関するものを製作していく生活がしたいと思い始め、数々の研究を重ねました。そして、21歳の頃に鉄瓶を大阪工芸展に出品。初出品でありながらも、受賞を経験することとなり、ここから釜師角谷一圭の歩みが始まります。その後、数多くの作品を残しながら名誉ある賞もいくつも受賞。54歳の時には第5回日本工芸展で「海老釜」が高松宮総裁賞を受賞することとなり大きな話題となります。この日本工芸展では、角谷一圭の名がこれ以来常連となります。第8回日本伝統工芸展で「独楽釜」で朝日新聞賞を受賞しています。
 角谷一圭の生み出す茶釜には、悠揚ならぬ風格と気品が漂っています。どこか、錆を思わせる独特の風合いと風情漂う佇まい。この独特な美しさが、角谷一圭の持つ才能を感じさせているのではないでしょうか。さらに、この作品が高く評価されたことで、勲四等瑞宝章、重要無形文化財保持者ともなっています。1993年には第61回伊勢神宮式年遷宮御神宝鏡31面を謹作するなど、日本文化の発展に大きく寄与しています。今後も、注目され続ける作家として角谷一圭は茶道具買取で、高い需要が期待され続けていくことでしょう。角谷一圭の作品からは、目を離すことができないのです。今後の展開にもどんどん注目していきましょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ