茶道具買取 角谷與斎

角谷與斎

 味わい深く、優美で妖艶な作品を多く生み出した伝統的な系譜を持つ釜師・角谷與斎。茶道具買取の世界において知らぬ者はいない、素晴らしい釜を生み出す天才と言われる人物でもあります。角谷與斎は、現在3代目まで続く伝統を持つ系譜ではありますが、常に革新的な作品作りをしている希代の釜師です。
 3代角谷與斎は、1938年に生まれており、大阪の御釜師2代角谷與斎の長男として生まれ、現代までその名を残しています。さらに、叔父には人間国宝としても知られている角谷一圭がおり、家系自体が有名作家という貴重な環境で過ごしました。幼少の頃より父の仕事姿を見ていたことからも、自らもこの世界への興味を深く抱くようになっていきます。高校卒業後、父に師事して釜製作をしてこの世界で生きていくことを心に決めることとなります。現場に出ながら厳しい修練を積み上げ、1979年に3代與斎を襲名するまでとなります。角谷與斎という系譜が持つ伝統的でありながら、どこか他には無い独特な道具製作を心掛けた3代目角谷與斎の作品は、現代茶道の世界においても非常に多くの茶人から支持を得ています。
 その釜製作の基本となっている部分には、裏千家鵬雲斎御好品があります。この裏千家鵬雲斎御好品を多く作っていることも、角谷與斎が持つ特徴でもあります。尻張釜などはその特徴が非常に顕著で、独特な光沢感と美しさ、優美さが独特な世界観を放っています。シンプルで無駄の無い美しいフォルムでありながら、味わいを感じさせ、郷愁を誘う一面も持ち合わせています。美しいだけでは無く、どこか人の心が通っている、そんな日本的な美意識を感じさせる最高の作品なのです。茶道具の買取においても、角谷與斎の作品には多くの需要があり、高価買取となっています。今後も、素晴らしい作品を生み出し続けるだろう、角谷與斎は注目の作家です。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ