【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 賀集珉平

賀集珉平

 珉平焼と呼ばれる独自の技法で焼かれた作品を生み出しつづけた希代の天才陶芸家が、賀集珉平です。江戸後期の淡路島の南端、三原郡伊賀野村で作られていた珉平焼。数多くの陶芸家がその強い想いで生み出されるこの作品に感動し、そして賞賛を送っていました。京都の陶工尾形周平を招いて京焼のテイストをミックスして作られるこの焼物は、他には無い造形的で独特の色合いを生み出す力があります。阿波徳島藩の御用窯として名を馳せていたことからも、関西以西の陶芸界に大きな衝撃を与えた作家として現在でも名を残しています。
 賀集珉平の生み出す珉平焼の特徴としては、数多くのバリエーションの豊かさにあります。江戸後期の陶芸界において、ここまで多くの種類を焼いていた作家と窯というのは恐らく無かったのではないか、と言われるほどだったようです。明治期の国内外の博覧会への出品だけでなく、モダンでアート性の強い作品だったためか海外への輸出も積極的に行っていたとのこと。まさに革新的な作品を生み出しつづけた陶芸界のパイオニアであり、茶道具買取の世界でも近年、注目の集まっている作家のひとりです。
 賀集珉平の生まれは1796年。文政の初め、京焼の陶工尾形周平と出会っており、作陶への精神が合致、二人は意気投合しました。郷里の淡路に窯を開くこととなり、初期には黄南京写や京焼風の陶器などを作りました。その後、試行錯誤を重ね、珉平焼を発案。大きな話題と名声を手に入れ、希代の作家として名を馳せることとなったのです。今後も、茶陶などの世界ではこの賀集珉平は重宝され続けるでしょうし、茶道具買取でも賀集珉平の作品は注目されています。今後の市場に注目しつつ、賀集珉平の世界を楽しみましょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談