【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 赤茶碗

赤茶碗

茶道具に欠かせない陶器と言えば、茶碗でしょう。現在では、茶碗はご飯を食べたりする事で知られていますが、茶の湯において、茶を注ぐ椀として使われており、その事で茶碗という名がついたと言われています。さて、そんな茶碗の中でも比較的人気が高い茶碗が、赤茶碗と呼ばれる茶碗です。 この赤茶碗なのですが、黒茶碗とはまた違う性質を持っていることでも人気があり、数多くの茶人達の心を掴んで離さない、そんな伝統的な茶碗です。あの千利休は、この赤茶碗は侘び寂びの精神に反するものとして、黒茶碗を好んだと言われています。

豊臣秀吉が好んで使った赤茶碗

赤茶碗は、豊臣秀吉が好んで使ったようで、派手好みの正確が良くわかるエピソードとして有名です。さて、そんな赤茶碗なのですが、なかなかお目にかかることが無いことで、有名です。その理由なのですが、やはり赤茶碗は作ることが難しいとされている、という背景があるからだそうです。

非常に割れやすくもろい事が特徴

そもそも、素焼きに似た製造過程となっており、800度という高温で焼成されるので、非常に割れやすくもろい事が特徴となっているのです。その割れやすさというと、何と布巾で少し力を入れて吹いただけでも割れてしまう、というもろさなのですから、取扱いが非常に難しい茶碗であることが、よく分かります。当然ではありますが、落としたりすれば即割れてしまうということで、残っている事自体が貴重なのだそうです。 赤茶碗で古いもの、となるとそれなりの高額なものとなってしまい、中には、1000万円を越えるものまでもあると言われています。800度から20度に急冷することで、割れやすくなるだけでなく、釉薬が剥がれてしまう事となり、赤茶碗の魅力の赤が剥がれてしまいます。半乾きのときに、鉄分が多い土をかけることで、この赤みを出すようですが、こちらも熟練の技が必要となってくるので、非常に難しいようです。赤茶碗は、今となれば非常に貴重な茶碗です。茶道具買取・赤茶碗でも、今後より人気となっていくでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談