茶道具買取 赤茶碗

赤茶碗

茶道具に欠かせない陶器と言えば、茶碗でしょう。現在では、茶碗はご飯を食べたりする事で知られていますが、茶の湯において、茶を注ぐ椀として使われており、その事で茶碗という名がついたと言われています。さて、そんな茶碗の中でも比較的人気が高い茶碗が、赤茶碗と呼ばれる茶碗です。 この赤茶碗なのですが、黒茶碗とはまた違う性質を持っていることでも人気があり、数多くの茶人達の心を掴んで離さない、そんな伝統的な茶碗です。あの千利休は、この赤茶碗は侘び寂びの精神に反するものとして、黒茶碗を好んだと言われています。

豊臣秀吉が好んで使った赤茶碗

赤茶碗は、豊臣秀吉が好んで使ったようで、派手好みの正確が良くわかるエピソードとして有名です。さて、そんな赤茶碗なのですが、なかなかお目にかかることが無いことで、有名です。その理由なのですが、やはり赤茶碗は作ることが難しいとされている、という背景があるからだそうです。

非常に割れやすくもろい事が特徴

そもそも、素焼きに似た製造過程となっており、800度という高温で焼成されるので、非常に割れやすくもろい事が特徴となっているのです。その割れやすさというと、何と布巾で少し力を入れて吹いただけでも割れてしまう、というもろさなのですから、取扱いが非常に難しい茶碗であることが、よく分かります。当然ではありますが、落としたりすれば即割れてしまうということで、残っている事自体が貴重なのだそうです。 赤茶碗で古いもの、となるとそれなりの高額なものとなってしまい、中には、1000万円を越えるものまでもあると言われています。800度から20度に急冷することで、割れやすくなるだけでなく、釉薬が剥がれてしまう事となり、赤茶碗の魅力の赤が剥がれてしまいます。半乾きのときに、鉄分が多い土をかけることで、この赤みを出すようですが、こちらも熟練の技が必要となってくるので、非常に難しいようです。赤茶碗は、今となれば非常に貴重な茶碗です。茶道具買取・赤茶碗でも、今後より人気となっていくでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ