茶道具買取 近藤悠三

近藤悠三

 人間国宝として認定され、数多くの名品を残した名工として名を知られるのが近藤悠三です。陶芸一家として、親族の多くが陶芸家で、美術界のサラブレッドという異名も持っています。陶芸家・近藤豊、陶芸家・近藤濶、陶芸家・美術家の近藤高弘など、全て血縁であり、俳優や尊攘運動家なども親族におりました。
 近藤悠三は1902年に京都市清水寺下に生まれています。幼少の頃より陶芸に触れる機会もあってか、徐々にその世界へと心が動かされていきます。京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所し、陶芸研究に励みました。1917年に卒業後、同試験場で助手として勤務します。後の大陶芸家として活躍する河井寛次郎濱田庄司が東京高等工業卒業後、技手として陶磁を研究しており、窯業科学などを濱田から直々習っていたとのことです。1921年、自らの視野をさらに広げるために、海外での経験が必要だと考えた近藤悠三。イギリスに渡り様々な研究を重ねました。そして、京都市立陶磁器試験場付属伝習所を辞め、大和に窯を構えた富本憲吉の助手として、作陶の世界へ。
 数々の技法などを学んだ後、清水新道石段下に窯を構えて自らの作品作りを始めました。染付、釉裏紅や象嵌等など、数々の技法を用いた作品を多く生み出します。近藤悠三の名が知れたのが、1928年の第9回帝展での初入選でしょう。ここから、なんと13回連続で入選するという快挙を成し遂げます。そして、その後に発表される「山水染付壺」は第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞した名作となりました。
 常に新たな技法を試すようになり、呉須染付に併用して赤絵や金彩の技法なども用いた作品も作りました。染付の重要無形文化財の保持者として認定された後、手を休めることなく作陶生活を続けた近藤悠三。逝去しても尚、伝説的な人物として語り継がれ、茶道具買取においても近藤悠三は注目されていく人物となるでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ