【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 野々村仁清

野々村仁清

 江戸時代、多くの名作を残し名工と呼ばれた人間、野々村仁清。通称清右衛門と呼ばれており、こちらの名で知り得ている方も少なく無いかもしれません。清右衛門は、京焼の名手と言われており、京焼色絵陶器を完成させた第一人者と言われています。華麗な絵画的装飾に優れた作品を多く出しており、世界的にも有名です。
 丹波国桑田郡野々村に生まれており、若かりし頃は瀬戸焼を中心に行っており、京都に戻ってから京焼を始めました。茶道具買取でこの名が広まっているのには、ひとつ理由があります。それは仁清が自分の作品に「仁清」の印を押していたからです。と言うのも、この時代の陶工の作品は、無名で作られていたものが多く、仁清自身も初期の頃はそのようにしていました。しかし、自分が表現したものが名前を持たないというのはあまりにも不愉快と考えたのか、自らの名を冠した作品を残すことで、陶芸家がアーティストであることを世に広めたパイオニアとなりました。
 茶壺が得に評価が高く、轆轤をひく技術が非常に優れていたそうです。一寸の狂いもなく、美しい表面感を演出し、さらには立体的な造形力を活かした独特な装飾を施すことで、他には無い芸術品としての陶芸を確立していったのです。「色絵雉香炉」や「法螺貝形香炉」などが特に有名で、こういった造形的な作品を生み出す優れた感性を持っており、MOA美術館などに収蔵されるほど大きな話題をさらったのです。現在でも、野々村仁清の作品は非常に評価が高く、茶道具買取においても高価買取となる対象として知られています。今後、野々村仁清の作品が新たに発見されれば、より高値がつく事は間違い無いでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談