茶道具買取 釜

茶道具買取 釜

釜

 お茶道具のひとつに茶釜、釜があります。茶に使用するための湯を沸かす釜という括りではありますが、風炉釜とも呼ばれ、とても大切なものです。茶釜の数は溢れているわけではありませんが、種類が豊富にあります。直径30センチメートル程度のものや、鉄で作られているものもあり、その形は中国より伝わっているようです。様々な改良を経て、現在の姿になったという茶釜ですので、数々の種類があるようです。ただ、大きな分類では、茶釜は二種類にしか分けられません。それが芦屋釜と天明釜の二つです。他にも鎖からぶら下げて使うものもあり、釜鎖と呼ばれています。こちらは、とても小さいですが、日常的に使うには、こういった仕様で無ければなりませんし、どういった場面で使うのか、いつ使うのかを考えるとなかなか奥深いもののようです。

春先が使い時

 使い時とされているのが、3月から4月にかけての春先です。日本の茶の湯の精神では、使う季節や時期などによって呼び名が変わります。例えば、新年を迎えた後の最初の茶の湯を初釜と言います。初釜は初茶の湯などとも言われ、有名な作家のものであれば初釜で使われたかどうかなどで、大きく価格が変わってきます。茶釜そのものは鑑賞の対象となっており、その美しさや出来映えでも評価が分かれるようです。茶道具買取においても注目すべき買取でしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ