【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 鈴木藏

鈴木藏

 鈴木藏は、人間国宝にも認定されている美濃焼の陶芸家です。他には無い釉薬の使い方が特徴でもあり、重要無形文化財「志野」保持者として数多くの作陶家に影響を与えています。鈴木藏は岐阜県土岐市の出身です。1934年に生まれ、父の鈴木通雄が釉薬の研究者だったそうです。幼少の頃から、陶芸に触れる機会も多く、このような環境で育ったことが、この世界を目指すきっかけとなっています。多くの陶土や釉薬の基礎を学び続け、父をはじめ、荒川豊蔵加藤土師萌などに師事します。基礎から応用、そして精神を学び、徐々に実力をつけていきます。
 彼が学んだのが、桃山時代から継承されている、伝統的な陶芸技法の「志野」の研究でした。独特のタッチが魅力的であり、その後の鈴木藏の作風にも大きな影響を与えました。1953年には、岐阜県立多治見工業高等学校窯業科を卒業。その後、丸幸陶苑試験室へ入社。普段は父親の手伝いをしており、その傍らで自らの作品の制作を続けました。出来上がった作品をいくつかの賞へと出品する予定だったのですが、なんと初出品をした現代日本陶芸展、日本伝統工芸展で入選を果たし、プロの陶芸家としての第一歩を歩み始めます。1982年に日本陶磁協会金賞を受賞、1987年には芸術選奨文部大臣賞を受賞。美濃焼の名手として徐々に名声を上げていった鈴木藏なのですが、その研究姿勢も高く評価されていくことになります。
 志野の技法を並々ならぬ信念で研究、古来の半地下式穴窯を改良し、独自の焼成方法を発案。こういった、陶芸界を活気づけるような姿勢が非常に高く評価されることとなり、1994年に重要無形文化財「志野」保持者として認定されることになりました。現在も、志野独特の白色の釉薬の原料となる長石を研究。まだまだ、新たな領域への挑戦を試みているのです。茶道具買取でも、鈴木藏は注目されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談