【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 青木龍山

青木龍山

  青木龍山は、佐賀県西松浦郡有田町に生まれます。久重という本名であり、青木龍山は号となっています。染め付けや色絵、白磁の町・有田での作陶をしており、漆黒を中心とした芸術度の高い作家の一人として現在でも知られています。
 青木龍山は、1926年に有田焼の陶磁器製造販売会社の長男としてこの世に生を受けています。幼少の頃より有田焼に触れる機会の多かった青木龍山は、センスも次第に養われていきました。その後、佐賀県立有田工業学校へ入学をし、卒業後はより芸術の道を極めていくために、多摩美術大学日本画科へ入ります。多摩美術大学日本画科を卒業した年には、神奈川県の法政大学第二高等学校および法政大学女子高等学校の美術教師としても赴任しており、後進への指導も行っていました。2年間、教師として生活を送るのですが、父親が新しい会社を起こしたことを機会に呼び戻されることになります。新たな会社としては、貿易を主とした内外向け陶磁器製造販売を広く手がける青木兄弟商会となりますが、倒産してしまいます。
 その後、フリーの陶磁器デザイナー青木龍山、として活動していくと同時に、日展への入選を目指して作陶を続けます。 第十回日展に「花紋染付大皿」で初出展初入選。この入選を機会に、様々な賞を獲得し、数多くの作品を生み出すのです。青木龍山の作品の特徴といえば、漆黒の天目釉に鉄砂、銀砂、青、翠などで条線文様を施したモダンなデザイン。花器を中心に手掛けた美しいルックスで、有田焼の新境地を開きます。そして、生涯弟子も取ることなく自らの伴侶とともに多くの作品を焼き、佐賀で初めての文化勲章受章者になるのです。これからも、語り継がれる作家青木龍山。茶道具買取でも、高く評価される人物の一人となっていくのでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談