茶道具買取 青磁

青磁

数ある磁器の中でも、抜群の知名度と人気を持っているのが、茶道具買取・青磁ではないでしょうか。艶かしく光沢感を放つその表面感に、独特の青緑色をした爽やかで清楚な雰囲気。一度、青磁の魅力にとりつかれてしまうと、なかなか抜け出すことが出来ない、と言われるほどに、他には無い魅力を放つのが、この青磁なのではないでしょうか。

鮮やかな青緑色の秘密

さて、そんな青磁というのは、厳密にいうと、青磁釉を施した磁器という事になっています。透明感を放つ青緑色が一番の特徴でもありますが、この色相には、釉薬や粘土に含まれる酸化第二鉄が関係してると言われています。非常に高温での還元焼成を行うことで、酸化第一鉄に変化していき、結果このような青緑色になり、鮮やかな雰囲気となっているのです。また、現在では、酸化クロムを還元で発色させることもでき、こちらも青磁として扱われているようです。 青磁には、種類が多くあり、一部として、明代青磁宋代青磁、高麗青磁、と呼ばれているものがあります。それぞれに独特に色合いをしていますが、基本的には青緑色は共通しており、気品を感じさせる雰囲気は同様となっています。この青磁なのですが、やはり焼の技術はとても難しいとされています。それは、発色の不安定さだそうです。やはり、この色あっての青磁ですので、発色がキレイにならない場合は、不良品として扱われてた、という事になっていたようです。 晩唐の時代になるまでは、まだまだ青磁の制作技術は高く無かったようです。技術などの向上に伴って行き、不良品も減って行ったようです。青磁の焼成上での問題としては、釉薬を厚くかけないと青が発色しないとされています。しかしながら、厚く塗るという事はその分、重さにも注意しなければいけませんし、素地を薄く成形するという事も事前に必要となってくるのです。釉薬の厚みがあれば、ゆっくりと時間がかかり、結果的に美しい作品を生み出すことができる、と言われています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ