【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 音丸淳

音丸淳

 人間国宝としても名高い漆芸家が、音丸淳です。香川県高松市に生まれ、讃岐の伝統的な漆芸を追求しつづけた大家として、今でも広く知られています。この音丸淳なのですが、昭和期から平成にかけて活躍をしており、近代作家としての地位も高いことでも知られている人物です。松田権六音丸耕堂に師事をしており、高い技術を要する漆芸の世界で生き残るための努力をした努力家としても有名です。茶道具の世界においても、独特で気品さと優美に溢れた作品づくりに定評があり、多くの近代茶人達にも愛されています。
 1929年に生まれた音丸淳は天才漆芸家として呼び名の高い、音丸耕堂の三男としてこの世に生まれています。幼少の頃から父の仕事ぶりを見ており、自らもこの漆芸の世界へと入ることを決意し修行に励みます。そして、1951年には若いながらも日展に初入選を果たし、大きな注目を集める作家として第一歩を歩み始めます。より研鑽を積むために東京美術学校工芸科で研究を重ね、卒業後はイタリア・ミラノのブレラ美術大学に留学。新たな視点から漆芸の世界へとアプローチを試みるため、多くのことを学んだと語られています。その後、日本伝統工芸展に入選しており、以後連続で入選を続けました。そして、日本伝統工芸展にて「堆漆茶入」が文化財保護委員長賞を受賞するという快挙を成し遂げて行きます。その制作意欲はおとろえることはなく、日本伝統工芸展にて「堆漆角皿」が総裁賞を受賞するなど、常に現役として活躍を続けていきます。紫綬褒章受章者としても知られており、数々の銘品を残しました。茶道具では堆漆茶杓なども手掛けており、その作品は優美であり世界でも茶道具買取でも音丸淳の作品は評価が高いのです。これからも、語り継がれていく作家であり、注目をしなければいけない大人物でもあるのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談