【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 飯田光秋

飯田光秋

 伝統的な漆芸蒔絵に特化した作品を数多く生み出しているのが、飯田光秋です。数々の名作を生み出しつづけているだけでなく、その非常に繊細でクオリティーの高い作品は、多くの人々の心に焼き付いています。
 飯田光秋は京都に生まれています。京都という土地柄、幼少の頃より数々の素晴らしい作品に触れており、そのセンスが磨かれていったのではないかと言われています。京都市立日吉ヶ丘美術工芸高等学校に入学後、ものづくりの基礎を学びました。そして、同校卒業後に本格的に蒔絵師を目指すこととなります。上原清に師事をした時は、まず蒔絵の基本を学ぶことからのスタートでした。様々な技術を学んでいく中で、そのノウハウを少しずつ吸収していきました。
 その後、独立を果たしており数々の作品を世に送り出すまでになりました。ちなみに、号ですが、師であった迎田秋悦、井田宣秋の二人から頂いたということが分かっています。好み物が多いとも言われていますが、やはり伝統的な図案で描かれる飯田光秋の作品はどことなく懐かしさも感じさせる、そういった深い魅力を持ち合わせているとも言われています。好み物であれば、鵬雲斎好の宝尽平棗、騎牛蒔絵大棗、楽器蒔絵炉縁、そして住吉蒔絵炉縁などではないでしょうか。
 繊細な金線描きの美しさだけでなく、何度も黒真塗地で塗りかさねられた独特で重厚感のある質感。こういった手の込んだ作業が彼の作品が高く評価され続ける由縁なのかもしれません。金の使い方ひとつとっても、一寸の迷いも無く、ただひたすらに優雅。このようなバランスの取れた蒔絵作品を生み出すことは並大抵の努力ではできないでしょう。飯田光秋は茶道具買取においても、常に高い評価を受け続ける作家のひとりなのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談