【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 高取
多くの焼物がある中でも、福岡県を中心に焼成されているのが、高取焼と言われるものです。陶器を中心に焼いており、独特の質感と高級感溢れる雰囲気で、多くの人々の心を掴んでいます。さて、そんな高取焼なのですが、基本的には福岡県の直方市を中心に継承されており、歴史としては400年もの伝統を持っている、と言われています。 そして、高取焼なのですが、福岡県の鷹取山という麓で焼かれている事で知られており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工をつれて帰って行き、この高取を伝えたと言われています。開窯自体は、1600年と言われていますが、こちらは確定してはいません。永満寺・宅間窯、内ヶ磯などに窯が構えられており、これらを総称して、古高取などと呼んでいると言います。

古い高取はとても貴重

古い、高取の陶器となれば、とても貴重なものとなります。茶道具買取においても、高取焼はとても貴重となっていく事は間違いないでしょう。さて、そんな高取焼なのですが、江戸時代には黒田藩のための御用窯として繁栄を成し、かなりの数が出回っていたと言われています。さらには、よりその焼物自体を洗練させていくために、唐津からの陶工を招くなどして、技術を向上させていったとも言われています。 そんな中、寛永年間に突入すると、小堀遠州こと、小堀政一と親交を深めた黒田が、より小堀好みの焼物を焼かせています。こういった事も縁となっており、小堀七窯ということに高取がなり、現在の茶道の世界でも重宝されるようになったのです。 茶陶でも、この高取焼は比較的に注目されており、独創的な作品が多い事で知られています。品のある風情は、手に持つことで、その暖かみと洗練さを知る事ができるのえす。瀟洒な茶器が非常に多い事も有名であり、小堀好みの茶碗などは、今でも、とても貴重なものとして扱われています。今後、高取焼は人気となっていくことに間違いありません。素晴らしい日本の文化を伝え続け、継承していってほしいものです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談