【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 高麗茶碗

高麗茶碗

 現在の茶道具を生み出している多くの焼成の製法のルーツと言われるのが、高麗です。高麗茶碗と呼ばれる製品は、現在でも非常に注目されており、多くの陶工達がこの伝統を踏襲し、新たな作品を生み出す原動力としています。高麗茶碗が伝えられたのは、16世紀半と言われています。

高麗茶碗の中で最上級の井戸

 高麗茶碗は朝鮮半島で焼かれたもので、これを多くの茶人が賞玩し、茶器として見立てたことから広まりを見せるようになったと言われています。因みに、この高麗という言葉は朝鮮渡来や朝鮮王朝時代という意味合いがあるようです。日本国内の茶道においては、高麗茶碗をいくつかの種類に分類しています。まずは、井戸と呼ばれるものです。こちらは、高麗茶碗の中では最上級と言われている部類です。高台は非常に高く設計されており、「竹の節高台」と称されています。また、日常雑器の茶碗というようなビジュアルでありながらも、その侘び寂びの雰囲気が茶人に好まれており、非常に重宝されています。カイラギと呼ばれる、高台付近の特徴は、強度の貫入でひどく爛れ縮れていることです。この部分が茶碗の一番の見所です。さて、そんな井戸にも種類があります。まずは、大井戸です。こちらは、井戸茶碗と言われ、名物手として扱われています。喜左衛門や細川、筒井筒などがあります。
 そして、大井戸の他に青井戸と呼ばれているものがあります。こちらは、釉が青みがかっています。釉調は種類があり、古井戸とも呼ばれているのが特徴でしょう。この高麗には、粉青沙器系という、白土を掛けるだけではなく、上に透明釉をかける独特の質感を生み出したものもあります。また、粉引や刷毛目など、数多くの製法によって生み出されるものがあります。高麗茶碗は、今後も非常に重宝される製品です。茶道具買取・高麗茶碗でも、常に注目されることでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談