【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 黒織部
 織部焼といえば、日本が誇る伝統的な焼物のひとつで、織部焼の中でも特に注目されているのが、黒織部です。陶芸の中でも特に、豪華で、気品に満ちあふれている、という事で知られる美濃焼ですが、その美濃焼の中でも黒織部は特別な存在として扱われており、その風格は他の焼物を寄せつけない、そんな魅力に溢れています。

美濃焼の桃山茶陶を代表する焼物

 黒織部は美濃焼の桃山茶陶を代表する焼物です。主に茶碗が多く制作されており、その独創性と繊細な仕様が多くの茶人達の心を掴んで止みません。黒織部が、何故このような表情になるのかは、その製造方法に秘密があると言われています。その方法は、焼きが終了した後に、それを窯の外に引き出して急冷させるというものです。そして、そこに鉄釉をかけ漆黒色に発色させます。そうすることで、黒釉となり、独特の表情が生まれるのです。この黒釉茶碗は瀬戸黒や織部黒という名称でも呼ばれており、それぞれ個々に違った製法が用いられ作られています。

特徴的な歪み

 引出黒というネーミングも、その製法から付けられており、多くの呼び名を持つ焼き物として知られています。また、黒釉だけで歪みを加えるような作りのものだけが黒織部と呼ばれており、他の織部とは区別されています。黒織部の特徴といえば、その歪みにあります。轆轤成形をされた後に、敢えて歪ませることで、独特の形状を表すことが可能となっています。黒織部茶碗が、黒織部の中では特に有名で、数々の名陶が作っており、現在でも高く評価される作品が多く残されています。黒織部は、紋様もつけられていることからも、絵画のような美しさがあり、独創的な雰囲気を味わうことができます。今後、茶道具買取で黒織部はより名声が高まっていくであろう、そんな焼物です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン