茶道具買取 黒茶碗

千利休が愛してやまなかった茶碗

 楽焼で生み出される茶碗の一種、黒茶碗。かの千利休が愛してやまなかった茶碗としても有名で、その重厚な存在感は現在でも多くの茶人達の心を惹きつけています。日本の伝統的な楽焼の歴史を変えたこの黒茶碗は、多くの人々に衝撃を与えます。敢えて、歪みを出す技法を用いて、厚く暖かみのある構造が黒茶碗の人気の秘訣です。
黒茶碗は千利休を外して考えることはできません。言わずと知れた茶の湯の大家である、千利休。黒茶碗を誰よりも愛し、茶の湯の世界に広めたことでも、高く評価されています。実際、千利休が使っていた黒茶碗は、それまで流通していた茶碗とは全く別ものと言っていいくらいの形状です。薄手で、シャープでキレイという表現の茶碗が多く使われていた、そんな時代に、どっしりと重厚で、ある意味では醜悪、そんな黒茶碗を用いたのです。当時、黒茶碗は出来損ないと言われるレベルのものでした。低温で焼かれているために、重厚感あるルックスながら、壊れやすいというのも特徴です。土の成分がどうしても残留してしまうので、耐久性がないようです。しかしながら、その脆く、美しさと醜悪さの間にある僅かな可能性と光。この部分に目をつけたのが、千利休だったのです。その精神こそが、美しさに通じるものと考える千利休だからこそ、これだけ茶の湯の世界を変革させていったのではないでしょうか。

黒茶碗の人気の秘密

 やはり、黒茶碗が人気なのは、抹茶を入れたあとの触り心地でしょう。熱伝導が遅いこともあり、ほんのりと暖かみを手のひらで感じることができます。さらに、土が残っていることも手伝ってか、心が落ち着くとも言われています。茶道具買取・黒茶碗は、現在でも高い人気を誇っており、今後も注目され続ける、そんな茶碗として知られていくのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ