茶道具買取 鼠志野

鼠志野

美濃焼の種類の中でも、その独特の風合いなどが滋味深く注目されているのが、志野焼です。日本で焼かれている焼物の中でも、数少ない国宝を生み出している伝統の焼成であり、今後もより多くの陶芸家が新たな世界を築き上げ続ける事でしょう。さて、そんな志野焼なのですが、種類を数多く持っているのが特徴となります。 赤志野や紅志野など、様々な技法もあるのですが、非常に人気が高く、高価買取となっているのが、鼠志野と呼ばれるものです。この鼠志野は、鉄分を含んだ土で作られており、その滋味溢れた侘び寂びを感じさせる仕上がりが、多くの茶人達の心をとらえています。

非常に貴重である鼠志野

さて、そんな鼠志野なのですが、水を混ぜたもので表面に化粧掛けをするものとなっています。亀甲文と桧垣文様を作っており、志野釉をかけることで生まれます。実際、現在では多くの茶碗が作られていますが、以前から伝えられている鼠志野自体は、何と十椀ほどしか無いと言われており、実際には非常に貴重であることでも知られています。 重要文化財「山端」は、鼠志野焼でもあり、安土桃山を代表する焼物としてもしられています。鼠志野は、茶碗だけでなく、多くの文鉢を生み出している事でも知られています。その形状も、独特であり偶然が生み出す最高の傑作として今でも多くの人々の心を掴んでいます。さて、そんな志野焼の中でも注目される、鉢なのですが、「鼠志野鶺鴒文鉢」です。美濃焼の白い土に酸化鉄の泥漿をかける事で、独特の風合いを生み出しています。 また、非常に精彩な紋様を掻き落としており、そこにかけられた釉薬がより、その独創的で上品なイメージを倍増させています。作り手の想像力を、より新たなイメージで生み出すという、ユニークな仕上がりが多くの陶工を魅了し続ける理由かもしれません。今後、多くの鼠志野が生み出され、発見されて行く事でしょう。今後の志野焼の未来も、茶道具買取・鼠志野では注目すべき点ではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ