裏千家[七代] 竺叟宗室 最々斎

 代継ぎも唐突であれば、その代の終わりもまた唐突であった七代最々斎。後世に伝えられるところ少なく、人となり、生き様に不明な点が多いのですが、独特の優れた好み物を残すことで、後々まで人々の想像をかき立てました。 最々斎は表千家覚々斎の次男で幼名を政之助といいました。兄・如心斎とともに漢学を学んだ記録も残されています。先代六閑斎は後嗣がなく、早くから政之助を養子にと働きかけてはいましたが、その段取りをつけたのは死の間際という状態でした。そのため、18歳で今日庵を継ぐ際は大変慌しく、その後、存命中は父の覚々斎から、その後は如心斎から茶道の手ほどきを受け、勤めを果たしていくことになります。
 催した茶会もそれほど多くなく、残された茶会記もほとんどないため、どのようなを点てる人物であったのか、記録は残されていません。しかし、手作りの道具、好み物が、その在世期間中に比して非常に多く、そこから人となりを推し量ることができます。

思わず手にとってしまいたくなるような優しい愛嬌

 もっとも有名な道具は「寒雲棗」「駒留棗」など、独特の形をした茶入です。本歌(最初に作られた真作のこと)はともにいわれのある桜の木で作られており、全体として非常に丸みを帯びた形状で、歴代の棗の中でもっとも珍重されている品となっています。また、現在よく写しが作られているものに、これまた独特な形をした円筒形の日出棗があります。 これらの茶入や、手捏ねの茶碗などに共通しているのは柔らかな愛嬌です。侘びをよく体現しながらも、思わず手にとってしまいたくなるような優しい愛嬌。手にとって眺めれば頬も緩んでくるような心持ちにもなります。また、手作りの茶杓が非常に多く残されており、その多くがいわゆる胡麻竹の茶杓で、竹の景色が豊かな品々です。最々斎が景色を選びながら作るさまを思い浮かべると、ほほえましい気持ちになってきます。
 記録は残されていませんが、このように最々斎は非常に柔らかで、芸術的センスに敏感な人物であったのでしょう。妻を娶る前に25歳という若さで急逝したため、後嗣もなく、次代は実弟の又玄斎一橙が継ぐことになります。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ