西洋美術品 オールドノリタケ

西洋美術品 オールドノリタケ

オールドノリタケ 日本を代表する西洋美術品といえば、間違い無くノリタケでしょう。世界中の人々にノリタケチャイナという相性で愛されており、その歴史自体も江戸時代末期までさかのぼる歴史あるブランドです。当時、アメリカで陶磁器の人気が高かった事を受け、森村組で白い洋食器を作ろうということで、ノリタケは始りました。数々の苦難を乗り越え、世界中の人々に愛されるブランドとなっていったノリタケは、現在でも憧れの洋食器メーカーとして知られるようになりました。 さて、そんなノリタケなのですが、オールドノリタケというものがあります。こちらは、西洋美術品としても価値が非常に高く、常々需要が高い素晴らしい骨董品として扱われています。まず、英国圏などではEARLY NORITAKEというネーミングで呼ばれるため、やはり初期の頃のノリタケ製品が、オールドノリタケという事になっています。 もちろん、その年代はいつからを境に…と、いう事は決まっておらず、1800年代の末頃に作られた花瓶や壷、陶製人形に置物、陶製化粧セットなどをまとめて呼んでいるとされています。当時にしか作れなかった技術力やデザイン、さらには素材など、骨董愛好家などに好まれており、多くの人々から支持をされています。 さて、このオールドノリタケなのですが、1910年代の初期作品はアールヌーボーの影響を強く受けています。さらに、1914年にディナーセットを国内では始めて完成させるなど、この当時のノリタケは非常に高い評価を獲得しています。そして、1922年頃からはアールデコ様式が増えて行くことになります。機械化がすすんでおり、大量生産された工業的なデザインでありながらも、この当時のシリーズは案外人気が高いとされています。さて、このオールドノリタケが愛されている理由に、その精巧なデザインや筆遣いなどが挙げられます。欧米には無い感覚との融合こそ、オールドノリタケの魅力なのではないでしょうか。これからも、需要は上がって行く事でしょう。 オールドノリタケをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ