西洋美術品 シェリー

シェリー 世界中のキッチンウェアコレクターに、絶大な支持を得ているのがシェリーです。独創的で華美なデザインが施されるキッチンウェアの数々には、ロマンティシズム溢れる歴史を感じさせる風情が漂っています。さて、そんなシェリーは非常に長い歴史を持ってる老舗ブランドです。その歴史を紐解いていくことで、シェリーの価値をより知ることができます。 まず、シェリー自体は1853年に創立をしています。しかし、当初はワイルマンというブランド名でスタートをしています。このワイルマンの時期には、高級な陶器メーカーとして非常に有名でした。数々の功績を残していったのですが、その経営方法に問題があったのか、様々な経営者や社名が変更になり続けて行きます。そういった不安定な事もあり、結果的に1966年には閉窯という悲しい結果に終わってしまいました。しかし、その技術だけは本物であり、今でも世界中のファンを魅了しつづけているのです。 さて、そんなシェリー、ワイルマンの歴史をここで少し追ってみましょう。まず、1856年には、創立者でもあったジョンナイトが僅か3年で退いています。そして、ここからワイルマンが継承することとなりました。さらに、勢いをつけていったワイルマンは、1860年にフォリー陶器製造の近くに、陶器工場を建設していきました。その4年後には、ワイルマンがこの世を去りますが、息子のジェイムスとチャールズが継承をしています。 しかし、1870年にはシャールズの退職。そして2年後にジョセフシェリーが共同の経営者となっていきます。その語、1884年にはジェイムスワイルマンがこの世を去り、結果的にシェリー一族に経営が完全に決まることとなるのです。そして、ウォルスター・スリエターがアートディレクターに就任するなど、何かと話題にはなるのですが、結果的には陶器製造が終了されて、閉窯になってしまいました。しかし、このシェリーの製品は今でも本当に素晴らしい出来であり、コレクターは大勢います。是非、このシェリーをお持ちの方は、鑑定してもらったらいかがでしょうか。 シェリーをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ