【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

西洋美術品 シュナイダー
シュナイダー ランプやテーブルウェアなど、世界中にその製品のファンを持っているのが、シュナイダーです。シュナイダー兄弟が作り上げたこのブランドは、多くの高級デパートなどで扱われており、現在でも非常に西洋美術品の中でも高価買取となる、そんなメーカーのひとつです。さらに、シュナイダー兄弟ということもあり、他とは違った角度でデザインされる独特ルックスは、他に類を見ない斬新なものであれり、まさに高級品と同時に芸術作品としての価値も大きなメーカーです。 さて、そんなシュナイダーなのですが、シュナイダーエルンスト、シャルル、この二人の兄弟によって生まれたブランドです。創立は1913年ということで、とても歴史を持っています。この2人の役割としては、エルンストが1903年よりセールスマンとして働き、そしてシャルルは1905年よりアートディレクターとして働く、というようなスタイルで経営を続けて行きます。 その時、シャルルはドーム兄弟の工房にて働いており、ドーム兄弟とミューラー兄弟など、その時代を代表する有名な兄弟と親交が深かった、ということが言われています。さて、そんなシャルルなのですが、1912年にはドーム兄弟の工房を院体します。そして、その翌年の1913年にシュナイダー兄弟として、自らのブランドを立ち上げる事になったのです。修行時代などと同様に、エルンストは経営を主に担当しており、シャルルはデザイン部門を受け持ち、兄弟で革新的な骨董品を多く作り上げていきます。 このシュナイダーなのですが、どこか曲線を美しく作り上げた、アールヌーヴォーに強く影響される作品が多かった事が特徴と言われています。形状自体は非常にシンプルなのですが、様々な技術が詰め込まれており、カラーバランスであったり、ジオメトリックな、アートを感じさせるようなデザインが多かったようです。高級ブランドとして名を馳せたシュナイダー。これからも、価格が上がり続けて行くことでしょう。 シュナイダーをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談