【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

西洋美術品 ドゥゲ
ドゥゲ ドゥゲは、西洋美術品のファンの中でも特に人気の高いブランドです。高級品でありながらも、日常に寄り添った、そんな良い雰囲気の作品作りだけに、非常に多くの方々に愛されています。さて、そんなドゥゲなのですが、デザイナーはトルコ人であったことは、あまり知られていません。 そして、そんなトルコ人のDavid Gueron(ダヴィッド・ゲロン)なのですが、1920年にコペンハーゲンにガラス工房を設立します。ガラス工芸の盛んであった時期ということもあり、多くの人々に迎え入れられたといいます。そして、このDavid Gueron(ダヴィッド・ゲロン)は、徐々に名声を高めていきました。その名声も、いつの間にか多くの人々が知るところとなっていき、有名ガラス製品メーカーとして、ヨーロッパで有名になっていきます。 そして、その工房を手に入れてからの6年後の1926年。遂に、高級ガラス製品の事業拡大を大きく狙って行きます。そこで、遂にあのマルゼルブ大通りに自らの工芸工房とガラス工房を設立する事となったのです。この世界観は多くの人々に受け入れられるようになっていき、大きさをましていきます。しかし、あまりにも事業が上手く乗っていた事で、大きな落とし穴に落ちてしまうことになります。 それが、ドゥゲ自体、素晴らしい作品を生み出していたのですが、時代の波に乗り売上げを第一に考えてしまった事が挙げられます。つまり、盗作をしてしまったのです。その当時、ガラス工芸の分野で非常に有名と言われていた、ドーム兄弟であったりミューラー兄弟、さらにシュナイダーのデザインモチーフを盗用してしまったのです。この起訴により、6年間戦い続けますが敗訴。 2次世界大戦後には、工房を閉鎖し、1939年に戦死してしまっています。しかし、コペンハーゲンの工房はまだあり、シャンデリアや様々なランプなど、数多くの素晴らしい作品を多く生み出し続けています。ドゥゲも、高価買取のモデルが多数存在します。ドゥゲをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。 是非、確認してみてください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談