西洋美術品 ベルリン王立磁器製陶所

西洋美術品 ベルリン王立磁器製陶所

ベルリン王立磁器製陶所 ベルリン王立磁器製陶所と言えば、工場制手工業を現在まで続ける老舗の窯です。KPM Königliche Porzellan-Manufaktur Berlin GmbHを、略してKPM Berlinと呼ばれており、こちらの方が馴染みがある、という方も少なくは無いのではないでしょうか。さて、そんな、ベルリン王立磁器製陶所なのですが、1763年にフリードリッヒ大王によって創立されたということが有名です。 そのためか、大きな特徴としては、選帝侯ブランデンブルクの紋章からきているものであり、ロイヤリティーを感じさせる、高貴な雰囲気をまとっているのです。製品のデザインは、何と全てまだフリーハンドで描かれている…と、いうことで、世界に同じ物が2つとないという事も人気を維持し続けている証拠でしょうね。さて、選帝侯ブランデンブルクの紋章の食器とフュギアが有名です。 150,000型を超えるレパートリーを持っているため、その種類は膨大であり、西洋美術品界の中でも1、2位を争う大ブランドとなっています。さて、そんなベルリン王立磁器製陶所がユニークなのは、花瓶であったり、食器などだけでなく、フュギアの製作にもあります。ネコであったり、プロセイン鉱山者のものなど、ユニークで愛らしい作品が多いのです。 そうと思えば、今度は非常に成功に作られた平皿であったり、花瓶に様々な陶器があり、その幅の広さに驚かされてしまいます。王の笏のマークであったり、絵付マーク、絵付職人のマークなどは、全て手作業で着けられており、さらには実用的なところも考えられており、日常生活においての様々な部分にも耐久性があるようです。アールヌーボーにアールデコ、そしてバウハウスと新しいものへの探究心。 全てにおいて、時代の流れに逆らう事なく、敢えて合わせながらもオリジナリティーの高い製品を生み出し続けていったベルリン王立磁器製陶所。現在でも、素晴らしい陶器作品が生み出されており、価値も需要も高まり続ける事でしょう。 ベルリン王立磁器製陶所の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ