西洋美術品 リモージュ

リモージュ リモージュボックスやテーブルウェア、アンティークといえば、多くの人々が知っているリモージュです。リモージュ焼というのは、実に美しく、他の窯には無いようなデザインが特徴となっています。さて、今ではカオリナイトというと、陶器の原料として有名となっていますが、このカオリナイトは、何とリモージュ郊外で1768年に発見されたものです。そのため、このリモージュで磁器産業が発展していったということに繋がっていくのです。 さて、このリモージュなのですが、多くの人々が窯業と関連する産業に携わっています。それだけ、このリモージュに窯が大切であったとうことです。さて、このリモージュで生まれる作品の全ては、リモージュ焼きとして分類されます。このリモージュ窯なのですが、グレル兄弟も1771年に窯を開きます。リモージュ焼きの全ての始まり、共言われているこのグレル兄弟が、現在もリモージュで大きな存在としてしられています。 さて、そんなグレル兄弟なのですが、窯は一時期王国に買収されています。何故、そこまで王国に買収されていたのかというと、リモージュが生み出す、白色の陶器が実に素晴らしいとさえれ、非常に評価が高かったということに由来しているのです。さて、エマイユ焼も、リモージュ窯では人気の高い作品として有名です。 これ自体が、リモージュ焼きの基礎となっていると言われているのです。さて、現在のリモージュ焼の特色なのですが、白色で薄手の素地に釉を使います。そして、落ち着いた美しい洋画を思わせる絵が描かれているのが、特色なのです。 日本の陶器のように、絵付けを素地にしていく訳では無く、白い生地に絵付けしいくということから、リモージュの作品は他の陶器とは違って行くのです。さて、現在でも多くの人々を魅了し続けているリモージュ。これからも、長い歴史を持つだけに、注目されていくことは間違いありません。 リモージュをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ