西洋美術品 ロイヤルコペンハーゲン

西洋美術品 ロイヤルコペンハーゲン

ロイヤルコペンハーゲン 王室御用達製陶所として開窯として1775年に、ロイヤルコペンハーゲンの歴史が始りました。現在でも、多くの人々から指示されている有名ブランドであり、どんなシーンであっても使いやすいデザインと機能性、高い技術は世界屈指のメーカーとして名高さをキープしています。さて、そんなロイヤルコペンハーゲンなのですが、クリスチャン七世とユリアナ・マリア王太后の援助により生まれたものです。最初の頃より、王室によって生み出されたブランドであるが故に、開窯した数年後には、マイセンより技術者が集められ、結果的に株を王室が買い占めた結果となります。 そして、名前も「王立デンマーク陶磁器製陶所」としてスタートすることになります。そして、ロイヤルコペンハーゲンと言えば、「フローラ・ダニカ」。西洋美術品に詳しい方であればピンとくると思いますが、これは世界一豪華なディナーセットと言われており、現在でも庶民の手に届くような代物ではありません。エカチェリーナ二世に献上するために生まれたこの「フローラ・ダニカ」は、とにかく美しく豪華というだけでなく、素晴らしさがずば抜けています。 さて、そんなロイヤルコペンハーゲンは、歴史が長いだけあり様々な影響を受けながら経営が続けられていきました。民営化され女性社員が働き始めた頃には、また違ったデザインや女性らしさの溢れる優しい製品なども多く生み出されていきます。そして、「漁網千魚図花瓶」がパリ万国博覧会で何とグランプリを獲得するなど、アートとしての作風も高い評価を得ています。 さらに、第二次世界大戦の時、一時生産を休止しますが、終戦後はしっかりと営業を再会し、1975年には200周年を向かえる事が叶います。当時の限定コレクションなどは、今でも高い価格がつけられています。ブルーフラワーやフローラダニカ、イヤープレートさらには、ブルーフルーテッドメガにブルーバルメッテなど、数々の名品を世に送り出したロイヤルコペンハーゲン。これからも、素晴らしい商品が生まれ続けることでしょう。 ロイヤルコペンハーゲンをお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ