西洋美術品 ヴィエナ・スタイル

ヴィエナ・スタイル 西洋美術を代表する骨董品として有名なのが、ヴィエナ・スタイルではないでしょうか。その美しく伝統的でありながらも、どこか近代的な要素を持ち合わせているモチーフは、多くの人々を魅了し続けています。さて、そんなヴィエナ・スタイルなのですが、元となっているのが“ヴィエナ”は、1719年にローマ帝国の首都ウィーンにて、クラウディウス・インノケンティウス・デュ・パキェによって創立されたものです。 非常の伝統的な歴史を持ち合わせているだけでなく、その格式の高い表情で多くの貴族達にも愛された極上の一品です。また、このヴィエナ・スタイルなのですが、何と1744年までには、マークが一切無かったと言われており、そういった意味あいでは非常にその当時のものは貴重であるとされています。さらに、後世となっている現代のモデルなどとは一切そのデザインなども違っており、どこかマイセン風のデザインであったことが特徴です。もちろん、その当時のヴィエナ・スタイルが残っており、状態も美しい事であればかなりの高価買取が期待できます。 さて、1770年代になってくると現代のヴィエナ・スタイルのロココスタイルが取入れられていき、19世紀までこのロココスタイルが中心となる、全盛期を迎えることとなります。そして、数多くの名品を生み出し続けて行くのですが、ついに1864年に廃窯してしまい、その時代が終焉を迎えます。 もちろん、ヴィエナ窯のように当初製作をしていたのですが、その後の技術の向上によって、結果的に現在ではかなり精巧に作られるようになります。結果的に、その当時のものも歴史的立場としては高価買取となるのですが、その製品のクオリティーであれば、現代のヴィエナ・スタイルが高額で取引されている現状があるのです。歴史が長い分、その中身にはとても注目が注がれているということでしょう。是非、自宅にヴィエナ・スタイルがあれば、一度鑑定してもらうのも良いでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ