【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

西洋美術品 ヴェネチア
ヴェネチア ヴェネチアの西洋美術品といえば、ルネサンス時代を代表するヴェネチア共和国や周囲で活躍を魅せていた美術の流派を言います。ヴェネチアングラスなどが有名なヴェネチアなのですが、絵画や彫刻など、この時代には様々な様式が生まれており、西洋美術品の買取に関しても高い評価を得ています。 さて、そんなヴェネチアなのですが、基本的には美術用品の全体を差して言われていながらも、基本的には絵画の流派、ということで括られることが多いようです。デッサンを重視した作品作りの基本でもあったフィレンツェ派などとは少し違い、色彩を使い全体を構築していき、流れの見える詩情的な作風が特徴となっています。そんなヴェネチアの時代を象徴しているのが、伝ルクレツィアの肖像でしょう。 その当時のヴィネチアの高級娼婦を描いたものと言われているのですが、タッチも独特であり、後期ルネサンスの影響を強く受けている事が見て取れます。ヴェネチアの画家として有名でもあった、ティツィアーノによって、下塗りを施されるキャンパスの上から絵具で描くという独特な技術が発展していきます。 こういった流れにより、流動的になった作風が増加していき、この作風一辺倒となってしまっていた時期があったといます。遠近法であったり線の曖昧さを排除し、性格でありリアリズムを追求したフィレンツェ派とは一切別の空間の構成要素として、曖昧さを強調していきました。その絵画のモチーフとしても、肖像画であればイエス・キリストであったり神話もの、風景画なども多く選ばれています。 使われる素材にも木炭や白と黒のチョークなどが使われるユニークなものがあり、まさに自由を極めるのが、ヴェネチアの特徴とも言えるかもしれません。建築においても、尖頭系の窓や空中回廊、さらには白い大理石の外階段に井戸のある中庭などが特徴的でもありました。この時代の作品は、西洋美術品としても価値が高いので常々注目されていくでしょう。 ヴェネチアの西洋美術品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談