辻永

辻永

辻永

洋画家 辻永は茨城県出身の日本生まれです。画家を志し上京後、東京美術学校に入学して岡田三郎助に師事しています。その才能はすでに在学中から注目される程で、白馬会に出品した風景画の作品はなんとその素晴らしさに美術学校が買い上げた程だったそうです。その後も文展などで数々の賞を受賞していき、画家としての地位と名誉を手に入れて行きます。1919年には第1回で無鑑査に推薦されており帝展では不動の地位を手に入れています。辻永は写実的な画法から、フォービスムを感じられるような明朗な色使いを施した作品を多くのこすオールマイティな天才的な画家でした。繊細で日本画的な水彩画ではまさに日本美人を描くかのような細く芯のある画風で果敢なくも、重みを感じ取ることのできる作品を多くの残しています。その辻永は、中学生の頃から植物を数多く描きだしており、現在に至までも日本の植物画の歴史に語り継がれているのです。もちろん、植物だけでなく日本の雄大な風景を描く作品も多くあります。特に彼の描く風景画で外すことのできない作品が「洞爺湖初夏」です。手前に淡い黄緑で描かれた樹々の奥に広がる湖が北海道の広大な自然をより雄大に見せています。歪んだグレーで描かれた空模様も決して不気味などではなく、むしろ快晴の絵より景色と風景を美しく映し出しています。陸と樹々のコントラストも遠近感を絶妙にあらわしており、素朴な画風ながら奥行きを感じさせる深い秀作になっています。また、山羊を描く画家としても高名であり、まさにマルチに活躍した天才芸術家だったのです。辻永が日本の美術界に与えた功績は計り知れないものであり、1955年に部長として就任していた芸術院では一度辞任したものの、その数年後、また部長の座に戻り長年に渡り美術界を引率してきました。芸術界のボスとまで言わめた彼の功績は、現在の日本美術の発展をみれば納得のいくところです。辻永という男は芸術の為に人生を費やし、その力で美術界を動かした大きい人物だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ