鈴木信太郎

鈴木信太郎  童心の画家

鈴木信太郎は東京都生まれの画家です。昭和に活躍しています。白馬会洋画研究所に入り、洋画家として高名な黒田清輝に師事しています。二科展への出品も多く、会員であった時期もありましたが、戦後には二科会を退会し、一陽会を結成して中心人物として活躍をしています。わかりやすく、明朗で隠健な雰囲気の風景画を多くのこしているのが特徴です。鈴木信太郎は幼少時代の頃、非常に病弱であったことから、車いすでの生活を余儀なくされた不便な生活を送っていました。しかし、そのハンデを悲しむことなく敢えて低い目線で見える景色を描き続け、独特の画策を続けていたのです。鈴木信太郎の風景画は非常に有名ですが、各方面で評価が高いのが人形を描いた作品郡です。素朴で可愛らしいタッチで描かれるこの人形達は何とも優しく可愛らしい顔をしており、こんな可愛い絵を描く鈴木信太郎は「童心の画家」「天性の色彩家」とも呼ばれていたそうです。その鈴木信太郎の描く作品「人形」は何とも不思議な立体感を表したユニークで可愛げのある作品です。チェック柄のようなチェアに置かれて佇む人形を描いたものですが、その独特な色合いで秩序立てられた人形の色彩感覚は目を見張るものがあります。黄色のチェアにブルーとグリーンで配されたバックのコントラストがより一層目を楽しませ、まるでおとぎ話の中に迷いこんだような楽しさを感じることができるのです。どこかうつろな表情で立っているフランス人形のような置物の優しさや、温和さも伝わり、鈴木信太郎と人間制が現れているような温かい気持ちにさせてくれる素敵な作品なのです。体が不自由であり、完全にハンデを背負っての絵画人生を送ってきたのにも関わらず、奈良や長崎、北海道、そして伊豆など精力的に全国を周りにまわった鈴木信太郎。彼の行動力と描写力の素晴らしさは、他に探しようのない独特のセンスを感じさせます。日本の美術界にとって重要人物であった鈴木信太郎の残した功績は永々に讃えられるべきものなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ