骨董買取 ぐい呑み

ぐい呑み ぐい呑みとは、日本酒を一口に飲むために杯として作られた陶芸品の事です。基本的には、日本酒を飲むためのお猪口なのですが、他のお猪口とは違い、少し大きく酒を多く注いで一気に飲む干せるようなデザインになっています。勿論、その形も種類も非常にバラエティーに富んでおり、機械で製造されたようなものでなく、有名な陶芸家が作るようなものであれば、かなりの高価買取となります。 さらに、陶芸品としての価値も高いものもあり、世界に二つと同じ物が無いというようなデザインがあることもマニアなどは単身でいるようです。さて、まず大型のぐい呑みなどにはどのような種類があるのか見て行きましょう。 まず、萩焼小春窯です。青く、そして美しい表情の萩焼小春窯は、外側の微妙なおうとつが手にしっくり馴染むようなデザインで、どことなく人の手で作られた温かみを感じさせるものです。さらに、白く清楚なイメージを放つのが、野柿窯です。キレイな表情をしているので、ぐい呑みなどの初心者にも向いているデザインのひとつであると考えられます。さらに、有名なのが美濃焼です。 ベージュ的なナチュラルな色合いが基本となり、民芸品のような愛らしさも併せ持ってる親しみやすい表情がポイントになっています。さらに、有名なのは越前焼きです。ぐい呑みの中で取り分け人気のあるデザインとなっています。 光沢を出す加工を全体に施し、グラデーションのような渋色の独特なこなれた表情がぐい呑みファンの中でも取り分け人気となります。代表的なもの意外にも、ぐい呑みは様々な種類があり、葡萄焼、志野焼、萩焼、角館焼、秀山焼、高田焼など、とにかく日本全国の陶工達が必ず作っています。 自分だけのデザインを手に入れることができ、日本酒をより美味しくしてくれることで、コレクターも数多くいます。ぐい呑みは骨董買取においても、非常に需要が高く、人気陶芸家だけの作品では無いものであっても、高価買取の対象となることもあるようです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ