【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 ギヤマン
ギヤマン ギヤマンとは、江戸時代にダイヤモンドを称して呼ばれた言葉です。そして、ガラスを細工する際にダイヤモンドを使っていたことからも、ガラス製品の事をギヤマンと呼んでいました。ギヤマンは、広くて定義されていることで知られていますが、一時期、江戸時代の頃には江戸切子のことをギヤマンと呼んでいたという記述があります。 また、ギヤマンという呼び名の他には、びいどろ、と呼ばれてこともあります。びいどろはポルトガル語でガラスを意味してたこともあり、江戸時代には、舶来品であったガラス器とともに、この言葉が入ってきたと考えられます。一方、ギヤマンの歴史としては、元々オランダ語であったことが関係していると、言われています。 オランダ語で、ギヤマンはダイヤモンドの意味を持っており、江戸時代の後期のガラス細工には、カットダイヤモンド掘りをした工芸品が出てきたこともあり、総称してギヤマンと呼ばれていた、ということです。ギヤマンのツボなど、当時では非常に高価な工芸品として出回ることがあり、とても価値のあるものとして重宝されていました。 また、そしてギヤマンという言葉自体が、使われなくなり始めるのが、江戸時代の後期1834年以降あたりです。江戸の大伝馬町でビードロ屋を営んでいた加賀屋久兵衛により、切り子細工が作られています。こういったことから、徐々にギヤマンという名前ではなく、江戸切子などの日本独自のネーミングとなっていきました。 ギヤマンと呼ばれていた、成功なダイヤモンドのカット技術は、非常に庶民の心を掴み、現在でも多くの人々を魅了し続ける骨董品として知られています。江戸切子は勿論のこと、薩摩切子であったり、様々な地域で素晴らしいガラス製品が生み出されます。 そういった、背景にはギヤマンというネーミングがあったことは忘れられないことなのです。現在でも、当時のギヤマンは骨董買取においても非常に高価な価格として取引されます。庶民の持ち物としては、贅沢なものでしたが、現在でもそれと変わらぬ輝きをギヤマンは放っているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談