【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 三味線
三味線 日本における伝統楽器のひとつ三味線。 中国の三弦が元と言われており、16世紀の後半に沖縄より本土に入ってきた楽器と言われています。江戸時代になってくると、多くの人々により芸術音楽を奏でる楽器として浸透していき、現在でも多くの音楽家に愛される素晴らしい楽器です。 はじいて演奏する撥弦楽器の仲間で、四角状の胴体の表面に皮をハリ、その胴を貫通していく弦を銀杏のモチーフのバチで演奏しています。さて、そんな三味線なのですが、日本の伝統楽器の中では比較的に歴史が浅い楽器ということで、近代的な扱いを受けています。先に伝わっていた沖縄では、三線といいうように呼ばれており、多くの島民がこの三線を持っていると言われるほど、メジャーな楽器として知られています。三味線の構造はいたってシンプルなもので、「天神」、「棹」、「胴」の3つに分類されています。 骨董買取において、三味線のどのポイントが見られているかというのは、もちろんその形状や歴史、卓越した技術による所も大きいのですが、材質によるものは大きく影響していると言われています。その素材には、紅木材であったり紫檀や花林、樫、桑製などがあります。様々な素材で作られていることが特徴で、白檀や鉄刀木などまでも使われていたこともあるようです。 こいうった独特の素材を用いて作られた三味線は非常に高価な扱いをされているので、骨董買取に関しても非常に期待ができます。また、三味線には伴奏するために、様々な種類に別れています。その種類を大まかに分けて行くと細棹・中棹・太棹というようになっていきます。 さらには、その中を細分化していくと、常磐津三味線であったり清元三味線、地歌三味線、義太夫三味線、津軽三味線など、多くの種類があるのです。古い、新しいなど、様式も変化に富んでおり、一言で三味線と言っても広く定義されているのです。是非、そういった部分も視野に入れて、自らの三味線を確認してみましょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談