【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 仏像
仏像 仏の形を成した象のことを総称して、仏像と呼んでいます。この仏像なのですが、仏教の信仰対象となっていた仏陀、如来がモチーフとなっており、真理に目覚めた者に悟りを開いた者という意となっています。 大乗仏教など様々な仏の発達ともに、様々な仏が作られるようになっていき、弥勒仏や阿弥陀如来なども多く作られるようになっていきました。さらに、仏像となると、仏の事を指すのですが、菩薩像であったり天部像に明王像、祖師像などを総称して呼んでいるので、広義での意味あいでもこの仏像は存在しているのです。 仏の数としても非常に多いので、結果的に仏像の種類も豊富となっていきます。さらに、骨董買取などで仏像を買取する場合なのですが、その素材がとても重要である、と言われています。素材には、金属製のものであったり、石造のもの、さらには木造のものであったり、塑造に乾漆造などがあるようです。素材だけでなく、作られている産地なども重要になってくるようで、仏像の価値も大きく変化をしていくとの事です。 また、仏像には様式も重要になっていきます。きらびやかな衣装をまとう仏も多いため、その衣装であったり手の組み方、足の組み方、光背に従者なども、鑑定には重要なポイントとなるようです。さて、仏像の誕生説には様々な意見があるようで、釈迦牟尼の存在自体は、法輪と菩提樹、仏足石で表されていたとされています。 しかし、ガンダーラ地方にマトゥーラ地方に仏教が伝わって行くと、非常に仏像が盛んに作られて行くようになったといいます。結果的に、どちらが先かはハッキリとしておらず、現在でも決着がついていないのだといいます。 歴史も長いため、その様式や技術、素材だけで価値が大きく変化していくことが特徴でしょう。明王に四天王、八部衆などまさに様々な種類が存在しているので、自宅にある仏像を確認しても良いかもしれません。是非、仏像を骨董買取に鑑定してもらってはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談