【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 分銅
分銅 古くは大名などが有事に備えていた、金塊を小分けにしたものを分銅と呼んでいます。さらに、鎖鎌と兼ね合わせることにより、武器としても使えるようになったと言います。2013年にかなり古いと見られている分銅が亀井遺跡より出土しています。 この、亀井遺跡より見つかったとされてる分銅は、6個1セットのものと考えられており、さらには2セットではないのかと推測をされているようです。こういった、貴重な分銅であると、骨董買取においてもとても高価買取が期待できます。さて、そんな分銅なのですが、やはりよく使用されていたのは、江戸時代などの頃でしょう。江戸時代によく見られる分銅は後藤分銅と呼ばれており、銀貨は丁銀や豆板銀などでした。 こういったものは、秤量銀貨であり、結果的に両替商などが天秤を用いて量目を測量し、その貨幣の価値を定めるものとして扱われていました。また、すでにこういった時期からも模倣をした偽金などが出回ることが多かったと言われています。そのためか、分銅は偽造防止のために、彫金を生業としていた後藤四郎兵衛家の作る分銅以外は貨幣として認めていなかったのだそうです。 度量衡統一以来幕末の200年以上という再現にわたり、尺貫法の通貨の単位でもある両や匁は圴一ということになっていました。この当時には、この後藤分銅のみだったことから、現在でも骨董買取においてはこの後藤分銅が非常に多い、とされているのです。さて、そんな分銅なのですが、蚕の繭のような形をモチーフしていると言われており、生糸の貴重さを貨幣にも加えるという意味合いがあったようです。 さらに、当時の両替商の看板なども、この分銅をモチーフにしており、現在でも銀行の地図記号として使われています。分銅金と呼ばれるものもあり、こちらも骨董買取では、非常に貴重なものとされています。古い分銅なども出てきているので、これからも注目したい骨董品です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談