【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 古備前派
古備前派 平安時代の中頃に興った備前国の日本刀の刀工一派を総称して、古備前派と呼んでいます。贈答品として非常に重宝されていたようですが、門外不出の品として扱われていたために、そのものによっては、とても貴重なものとされています。以前、備前の国においては、とても良質な砂鉄が取れるとして盛んに鍛刀が行われてたいといいます。 そのために、この平安時代末期から鎌倉時代初期の刀工達を、当時、総称して古備前派と称している背景があると言われています。その背景として、元となっているのが、一条天皇に召し出された「友成」と言われていますが、平安時代末期に鎌倉時代中期かけてのものだと、その時期的なものに関しては、ハッキリとしていないそうです。 古備前派の作風の特徴的な部分としては、太刀が多いことが注目されています。力強く、踏ん張りがあり、腰ぞりも高いのが特徴です。さらには、身幅狭い様子で茎は雉股形になっている太刀が多いのも、古備前派として分かりやすい要素となっています。さらには、地鉄です。 こちらは、板目肌をよく詰んでおり、沸映りが立つものが、古備前派として非常に分かりやすい部分であると言われています。また、刃文も独特な作りになっており、のたれ刃に小沸づいた小乱れなどがこの時代の古備前派を象徴しています。さて、この古備前派には数多くの国宝や重要文化財が存在しています。 中には、太刀 銘「備前国包平作」、太刀 銘「真恒」、太刀 銘「備前国友成造」があります。そして、太刀 銘「正恒」は数多く作られており、そのいくつもが、重要な文化財として有名です。 当時、古備前派を名乗るものが非常に多いことで、その種類も多数に及んでいますが、古備前か古青江か作風見極め難い状態であり、まだまだ非常にその区分けの研究が進んでいるといいます。もしかしたら、自宅に眠っている古備前派の刀など、非常に重要なものかもしれません。是非、骨董買取に持ち込んで、その価値を確かめてみては、いかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談