【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 向付け
向付け 懐石などで振る舞われる日本料理で、膳の向こう側に付けるための料理を向付けと呼んでいます。この向付けなのですが、この料理を盛りつける器のことも向付けと呼んでいます。コンパクトな形と様々な種類が存在している事から、向付けは骨董買取においても非常に人気の高い骨董品のひとつです。 近年では、料亭であったり由緒正しい和食を提供する店舗などで多く使われていますが、一般家庭においてはそこまで使われている事は少ないようです。さて、そんな向付けなのでsが、江戸時代の半ばに使われていた言葉であると言われています。実は、この向付けなのですが刺身を用いる事が非常に多かったといいます。場所などによっては、向付けでは無く向や向詰め、などとも呼ばれているようですが、基本的に焼き魚などの焼き物の事を差していることがあり、向付けとはまた違うとも言われています。 さて、江戸時代に使われていた向付けと、現在の位置づけでは少し違っているようです。その理由が、現在の懐石料理などでは、亭主が持ち出す折敷などに飯と汁、そして向付けが配置されます。刺身などは、それ専用のものを使うことが一般的となっているので、向付けで刺身を盛りつけることは、極めて少ないと思われます。 さて、向付けは季節いよっても様々な種類があります。春になるとできるだけ明るい色調のものが好まれます。そして、夏期になってくると平皿風のものが季節感を盛り上げます。さらに、涼味を感じさせるものになってくると透明感が美しいギヤマンのもの、さらに日本料理の神髄が楽しめる秋期となると、割山椒といった山椒が破裂した後のような日本的な形のものが出回ります。 そして、冬期となってくると、蓋向という煮物や暖かいものを入れる器があります。深い皿を深向などとも呼びますし、向付けには本当に様々な種類が存在しています。是非、季節を感じることができる向付けで、和食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談