【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 和楽器
和楽器 日本の伝統音楽を奏でるために用いられる楽器の総称を、和楽器と呼んでいます。昔から、日本の音楽に使われていた楽器のことを和楽器と呼んでおり、それ以外の西洋の楽器や諸外国の民族楽器とは別という意味合いでも使われています。さて、そんな和楽器なのですが、古来一番の古い和楽器とされているのが、和琴です。 大陸文化などの外部の影響を受ける前より伝承されている楽器として生まれていたものであり、これをキッカケに様々な和楽器が生み出されていった、と考えられます。そして、現在でも能などに使われる、神楽笛であったり笏拍子など、様々な楽器も日本固有の和楽器である、と認められています。 楽琵琶などは、日本独特の文化から生まれているものとは別に、大陸文化から強く影響を受けて進化しているものであれば、三味線や尺八、さらには能管、小鼓、大鼓などがあります。ちなみに、ムックリやトンコリなどというアイヌの伝統楽器も三味線として分類されています。洋楽器のような華やかさとは別に、シンプルであり単音を主とした作りは、日本的な美意識が詰まっている独特のものです。 西洋や中国などのものを取入れて改良されていった和楽器も多かったのですが、結果的にはシンプルな方向にすすむことが多く、現在残っている和楽器はシンプルさが大切となっています。さて、そんな和楽器なのですが、非常に様々な種類が揃っています。もちろん、和楽器は骨董買取においても人気と需要は高く、歴史的なものに関しても高価買取となります。 まず、ツィター属として分類される和琴や琴類。大きなフォルムであることと、卓越した技術で作られている事から高価な価格となります。さらには、琵琶や箜篌も有名です。三味線においては、非常に種類が豊富なために、ひとつひとつに価値も変化していきます。盲僧琵琶や薩摩琵琶、清琵琶などもあります。 こういった和楽器の世界は、日本人独特の美学で形成されていったものであり、これからも価値は高まって行くでしょう。是非、注目していきたいですね。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談