骨董買取 小皿

小皿 小皿は、底が浅く直径10センチメートルあまりの皿の総称です。 皿の中でも最も小さいものを指すこともあり、取り皿としては勿論、様々な用途を持ち合わせている食器類のひとつです。骨董買取に関しても、その種類の多さにより、価値の付かないようなものもありますが、有名な焼き物であったりブランド品であれば、高価な価格が付く事も多くあります。 さて、そんな小皿なのですが、作り方や国によっても多くの種類を持ち合わせていることが知られてます。例えば、色自体が白く美しいと言われているのが、白磁などです。白く透き通るよな美しさを持っているため、有名なものになると、非常に高級品として扱われています。また、小皿に多く見られているのが陶器でしょう。 陶器となると、焼き物として分類されますが、その種類も実に豊富であり、名前の知られている窯元などで作られたものは、高級料亭などでも使われるほどです。焼き物としてのブランドとすれば、「日本六古窯」として知られているところで作られた小皿には特に注目を置くと良いかもしれません。 まず、愛知県瀬戸市の瀬古焼は本格的な窯場として知られています。さらには、愛知県常滑市の常滑も重要な窯場として広く知られています。最古最大規模という場所であり、現在でも非常にその深みのある焼きものにはファンが多いことで有名です。そして、福井県丹生郡織田町・宮崎村の越前焼です。 こちらが、壷などが多いのですが、もちろん食器も多く作っているので、小皿も素晴らしい作品が多いことでも知られています。さらに、知られているのが滋賀県甲賀郡信楽町の信楽焼です。茶陶で有名になった場所として知られていますが、その大胆な作風も小皿ではファンを多く持つポイントとなっています。 そして、兵庫県多紀郡今田町立杭の丹波焼も有名ですし、岡山県備前市伊部の備前も忘れることはできません。小皿は昔から多くの種類があり、一見しただけでは分かりませんが、奥が深い骨董品です。もし、自宅に小皿が眠っていたら骨董買取に出してみると良いでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ