【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 巻物
巻物 骨董買取の中でも取り分け需要が高い品物が、巻物でしょう。巻物は、書画などが書かれた横長の紙をしっかりと表装して、さらには軸に巻き付けたものを言います。巻き軸などとも呼ばれており、巻子本などもこの巻物として分類されています。 また、反物も軸にまかれているのであれば、巻物であると分類されています、巻物が国内でも製作されるようになったのは、紀元前までにさかのぼります。まず、東洋では紙が無かった時代においては、竹簡や木簡、竹片、木片などに様々なものが書かれていました。そして、こういった素材を紐で編み巻いていたと言われています。 時代が進むに連れた技術の進歩により、紙が製作されると、記録用材として使用されるようになります。しかし、もともと紐で巻いて使われていた…と、いう名残からか、結果的に紙自体もこのように巻かれて保存されていった、と思われています。 ただ、近年になってくると当然ではありますが、簡素化が進み出してきて、分割した書籍という形が定番となってきたのです。国内では、巻物は写経としての使われ方も多くされており、平安から鎌倉などの時代には写経が大流行しています。骨董買取においても、この時代の巻物には写経が多いでしょうし、高価買取を狙うことも可能です。 また、絵と文が書かれているという交互絵巻においては、世界的にも類を見ない、日本独特のものであると言われています。さて、骨董買取においてその歴史的背景なども重要ですが、裏書と呼ばれる注釈なども注目されています。 巻物自体の裏側に補足事項を書き足したものを裏書と呼んでおり、勘物などとも呼ばれています。案外、こういった部分に貴重な事が書かれたりしており、重要な鑑定のポイントともなるようです。巻物の素材も、紙だけでなく、パピルスや羊皮紙など特殊なものが使われており、その時代や用途によっても様々です。自宅に巻物を見つけたら、是非確認してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談