骨董買取 巻物

骨董買取 巻物

巻物 骨董買取の中でも取り分け需要が高い品物が、巻物でしょう。巻物は、書画などが書かれた横長の紙をしっかりと表装して、さらには軸に巻き付けたものを言います。巻き軸などとも呼ばれており、巻子本などもこの巻物として分類されています。 また、反物も軸にまかれているのであれば、巻物であると分類されています、巻物が国内でも製作されるようになったのは、紀元前までにさかのぼります。まず、東洋では紙が無かった時代においては、竹簡や木簡、竹片、木片などに様々なものが書かれていました。そして、こういった素材を紐で編み巻いていたと言われています。 時代が進むに連れた技術の進歩により、紙が製作されると、記録用材として使用されるようになります。しかし、もともと紐で巻いて使われていた…と、いう名残からか、結果的に紙自体もこのように巻かれて保存されていった、と思われています。 ただ、近年になってくると当然ではありますが、簡素化が進み出してきて、分割した書籍という形が定番となってきたのです。国内では、巻物は写経としての使われ方も多くされており、平安から鎌倉などの時代には写経が大流行しています。骨董買取においても、この時代の巻物には写経が多いでしょうし、高価買取を狙うことも可能です。 また、絵と文が書かれているという交互絵巻においては、世界的にも類を見ない、日本独特のものであると言われています。さて、骨董買取においてその歴史的背景なども重要ですが、裏書と呼ばれる注釈なども注目されています。 巻物自体の裏側に補足事項を書き足したものを裏書と呼んでおり、勘物などとも呼ばれています。案外、こういった部分に貴重な事が書かれたりしており、重要な鑑定のポイントともなるようです。巻物の素材も、紙だけでなく、パピルスや羊皮紙など特殊なものが使われており、その時代や用途によっても様々です。自宅に巻物を見つけたら、是非確認してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ