【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 徳利
徳利 酒を入れる容器として多くの人々に愛されている徳利。細長い首に胴体が膨らんだような形が特徴的で、陶器からガラス、さらには金属にプラスチック製など様々な素材で作られています。さて、そんな徳利なのですが、基本的には1合徳利と2合徳利があります。ただ、中には特注品として一升入るデザインのものもあり、そういったものは貴重な徳利として注目されます。 さて、そんな徳利なのですが、日本人には馴染みの深いものであり、使う人々には個々にこだわりがあると言われています。注いだ時の音であったり、肌触りなども酒の味を決める大切な部分であり、徳利を製作する側としても非常に繊細な作業工程となるようです。現在では、醤油であったり油など、様々なものの専用容器が生まれていますが、徳利以外にそういったものが無かった時代は、徳利がこういったものを入れるための変わりとして使われていた、とも言われています。 実は、こだわりの蕎麦店などでは風味を損なわない事と、そのビジュアルの美しさからそばつゆを徳利で使っている店舗も多いそうです。少しツルっとした表面感のものなどでは無く、どこか無骨でゴツゴツとしたような肌触りのものがある程度好まれています。徳利の歴史は非常に古く、生活に強く密着していた事が分かっています。 その証拠に、古典落語などでも多く徳利が出てくる噺が多くあり、備前徳利、御神酒徳利なども徳利の名前をつけた有名な落語です。そういった徳利は、日本人にとってみて、非常に大切な存在であった事はいうまでも無いのです。ちなみに、容量が大きい個人用とは思えない徳利は、運搬用で使われていた事が分かっています。 そのためか、大徳利で売っている酒を徳利に注ぎ、そして銚子にあけて飲んでいたようです。しかし、現在では徳利のままで飲んでいるので、銚子は祝いの席以外にはあまり見かけなくなりました。徳利も様々な種類があり、需要も高いので、骨董買取にとってみても常に注目されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン