骨董買取 李朝

李朝 李朝時代に作られた様々な骨董品などを、総称して李朝と呼んでいます。李朝の時代に関しては、非常に卓越した技術と時代感を思わせる美しい色彩感覚で物作りがなされており、現在でもこの李朝時代に生み出されるものに多くの支持が集まっています。さて、そんな李朝なのですが、細かく時代背景を説明していくと、朝鮮半島における最後の王朝である、李氏朝鮮の事を略してこう呼んでいます。 1392年に李成桂太祖が、恭譲王を廃すことで即位した事から始ったこの時代。朝鮮自体、中国王朝の冊封体制下で常にあったことも知られています。そして、1894年には、日清戦争後において、清国と結ばれている下関条約が関係していきます。まず、冊封体制下からの離脱となり、近代国家としての独立を許されるものとなります。 そこで、1897年から李朝は、大韓帝国というようになっていきました。さらに、様々な歴史を経て、1910年の8月に韓国併合ニ関スル条約調印という調印が下され、結果的に日本併合となり、国家として李朝の時代が終わりを告げる、という流れとなったのです。さて、この李朝の時代の骨董品を考えるとすれば、まずは絵画を外すことはできません。 儒教者中国文化への傾倒により、初期の李朝では水墨画などが模倣されていみます。しかし、後期になってゆくと中国画の影響から脱却し、朝鮮の風景などに基づいている山水画や風俗画、美人画などが出回るようになります。申潤福、金弘道などが有名です。そして、陶磁器。こちらは、李朝白磁が特に有名なのではないでしょうか。 さらに、粉青沙器なども有名です。力強い文様が描かれていたり、さらには儒教道徳などを名目している事が影響した物など、この時代の骨董品は非常に個性豊かでもあります。芸能なども発展していた事からも、そういったものに影響を強く受けた作品も数多くあり、李朝は骨董買取でも人気があります。もし、自宅に使わない李朝の骨董品がありましたら、是非鑑定してもらってはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ