【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 楽器

骨董品 楽器

楽器を大きくまとめると、音楽演奏のために用いられる器具とされています。その種類も多種多様であり、打楽器や管楽器、弦楽器に鍵盤楽器などが良く知られています。また、発音原理でも分けられており、気鳴楽器や体鳴楽器、膜鳴楽器に弦鳴楽器、電鳴楽器の5種類が有り、数は非常に膨大です。 とはいえ、音を出す器具であれば楽器と呼ばれることがあるので、振動源のものと共鳴部などで大きく分けることができます。しかし、風鈴などは演奏を目的とされていないので、楽器というように分類されることは無いようです。現代の楽器として広く知られているのが、体鳴楽器として分類されるシンバルやトライアングルです。こういった、均質の物質でできた弾性体に刺激を与えて音を出します。 また、小太鼓、ティンパニ、ヴァイオリン、ピアノ、トランペット、フルートなども広く楽器として昔から知られています。比較的、歴史が新しい楽器としては、電鳴楽器でエレキギターやエレキベース、その他日々新しい革新的な楽器が開発されています。骨董としての価値としては、西洋楽器であるバイオリンなどの弦楽器です。歴史が非常に古く、ものによっては、億単位の価格がつくことがあります。 しかし、それは価値だけでなく、音色が素晴らしいということでも有名であるため、使用価値の無いものとしては価格はそこまでではありません。また、楽器の中には、有名な作曲家であったり演奏者が使用していたものなどで、コレクションとして価値が上がるものもあります。楽器には、西洋楽器の他に分類されるものが多くあります。日本の太鼓や和笛、琴などは和楽器と呼ばれており、国内における西洋楽器以外の他国の特殊な楽器は、民族楽器などと呼ばれます。中国琴や胡弓、などです。音楽の定義として、全て音が鳴るものを楽器としていることもありますが、一般的な概念では無いので価値はないようです。骨董買取に関しては、その楽器の価値観が価格を決めています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談