【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 櫛
櫛 櫛は、髪の毛を整えること、埃や垢などを落とす用具です。髪飾りとしての役割も持ち合わせており、日用品から工芸品まで様々な種類があります。現在では、非常に様々な形が出来ていますが、古代の頃の櫛は、縦長であり歯の部分が長かったのが特徴と言われています。さらに、解き櫛として使われていたわけでは無く、どちらかというと、ヘアピンなどのような髷などを押し止めるための用途に使われていたのではないか、と言われています。 櫛の種類は、非常に豊富にあり、木製編歯で漆塗りのものや,骨製挽歯の製品,竹製編歯の漆塗りのものなど、様々な種類があります。この櫛なのですが、日本度の表現としては、串と同様に「霊妙なこと、不思議なこと」という言葉が、語源となっていると言われています。女性各の象徴的な品物としても、存在していました。 しかし、櫛というネーミングは、苦死に通づるものがあり、忌み嫌われていたため“かんざし”と、いうネーミングで呼ばれていたようです。現在でも、かんざしという名前は多く使われていますが、大きく櫛との差は無いとされています。櫛の種類は、先程述べたものを細分化すると、非常に豊富となります。 梳かし櫛では、利久や福利久、男櫛にセット櫛、馬櫛などがあります。さらに、梳き櫛には、お六両歯とお六片歯、竹唐、挽唐などがあります。そして、装飾具として用いる櫛の押櫛には、京型に京丸型、丸型、月型があります、さらに、理髪店や丁髷、力士に用いられていた歴史的な意味合いも持つ、結櫛には、丁髷櫛や鬢掻櫛、筋立、鬢出があります。 西洋の櫛とはまた違い、木製のものやべっ甲など、職人的な技術を要する高級品などもあり、その価格は非常に高価なものとなります。実用的な物とはまた違い、工芸品としても高いクオリティーを持つ櫛を作る場所もありますが、現在は少なくなってしまいました。 櫛の骨董買取に関しても、そういった歴史的なや職人の卓越した技術で製品化された櫛が高価買取になるようです。普段使いの櫛も、深い歴史を持ち合わせているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン