骨董買取 水滴

水滴 文房具の一種である水滴。壷形や箱形、人物に動物、花など様々なカタチがあり、その全てが独特な表情をしており、現在でも人気があります。硯に水を入れるための道具として使われる水滴は、小さな穴と注ぎ口があるのが特徴となります。穴を指で閉じることにより、注ぎ口から出る水の量を調節することができるということになります。 墨ををするために水を蓄えるための工芸品ですが、贅沢な品として現在では扱われます。スポイトなどを利用することが多くなった現代において、この水滴はとても貴重であり贅沢な品物のひとつとして考えられるでしょう。水滴は骨董買取においてもとても需要があり、その愛らしいコンパクトなサイズ感からか、コレクターとして水滴を集める、そんな人もいるほどです。 さて、そんな水滴なのですが、形態であったり大きさなどにより多少呼ばれも変化していくと言われています。そもそも、硯滴であったり水注、水盅、水中丞、水盂に蟾蜍などとも呼ばれているので、水滴と一言いうのは、そういった用途に合わせて作られたものの総称と考える方が一般的かもしれません。 中国のイメージが強い水滴なのですが、日本でも盛んに作られていることが知られており、結果的には須美須里賀米、和名抄、硯瓶、栄華物語などがあるようです。こういった古い国内のものになると、状態次第ではとても価値が高く、骨董買取に関しても高価買取となることが、多くあるようです。 勿論、その職人や産地など、作られた場所などによっても変化していきますので、そういった事が分かるものも持ち合わせていると、有利かもしれません。また、基本的に2カ所の小巧から少量のしずくを落とすものを、全体に水滴と呼んでいるのですが、注口と把手をもった水指形を水注と呼んだり、鉢形や壺形のものを水丞と呼ぶようです。 用途に応じたものであり、どれが良くてどれが悪いかなどで区別はされていません。贅沢な品として扱われる水滴。是非、持ち合わせているのであれば、その価値を再確認してみてはいかがでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ