【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 水滴
水滴 文房具の一種である水滴。壷形や箱形、人物に動物、花など様々なカタチがあり、その全てが独特な表情をしており、現在でも人気があります。硯に水を入れるための道具として使われる水滴は、小さな穴と注ぎ口があるのが特徴となります。穴を指で閉じることにより、注ぎ口から出る水の量を調節することができるということになります。 墨ををするために水を蓄えるための工芸品ですが、贅沢な品として現在では扱われます。スポイトなどを利用することが多くなった現代において、この水滴はとても貴重であり贅沢な品物のひとつとして考えられるでしょう。水滴は骨董買取においてもとても需要があり、その愛らしいコンパクトなサイズ感からか、コレクターとして水滴を集める、そんな人もいるほどです。 さて、そんな水滴なのですが、形態であったり大きさなどにより多少呼ばれも変化していくと言われています。そもそも、硯滴であったり水注、水盅、水中丞、水盂に蟾蜍などとも呼ばれているので、水滴と一言いうのは、そういった用途に合わせて作られたものの総称と考える方が一般的かもしれません。 中国のイメージが強い水滴なのですが、日本でも盛んに作られていることが知られており、結果的には須美須里賀米、和名抄、硯瓶、栄華物語などがあるようです。こういった古い国内のものになると、状態次第ではとても価値が高く、骨董買取に関しても高価買取となることが、多くあるようです。 勿論、その職人や産地など、作られた場所などによっても変化していきますので、そういった事が分かるものも持ち合わせていると、有利かもしれません。また、基本的に2カ所の小巧から少量のしずくを落とすものを、全体に水滴と呼んでいるのですが、注口と把手をもった水指形を水注と呼んだり、鉢形や壺形のものを水丞と呼ぶようです。 用途に応じたものであり、どれが良くてどれが悪いかなどで区別はされていません。贅沢な品として扱われる水滴。是非、持ち合わせているのであれば、その価値を再確認してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン