【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

骨董買取 漆器類
漆器類 日本を代表する工芸品の中に、漆器があります。日本全国で作られる漆器類は、地方によって塗りや様式なも変化しており、非常にバリエーションに富んでいます。素晴らしいものになると、高価な価格ともなり、日本が世界に誇るべき芸術品として国際的に高い評価を得ています。 そんな漆器は、紙や木材などに漆をぬり重ねて作られます。漆というのは、漆の木などから受益を採取したもので、天然樹脂塗料として認められています。現在、国産の漆は非常に貴重なものとなっており、国産漆で作られる漆器は大変高価なものとして重宝されています。さて、そんな漆は手作業で作る場合非常に手間がかかります。 さらに、卓越した職人的技術が要求されるために、国内でも多く有名な職人が漆器職人として有名となっています。因に、漆器のルーツは中国だと言われていました。しかし、縄文時代前期のものとされる装飾品が赤漆を含むものと発見されてからは、ルーツの真実はまだ不明であるとされます。しかし、それほど昔から使われていた技術であることは間違いなく、素晴らしいアジア圏の工芸品としては間違いは無いでしょい。 さて、そんな漆器には数々の技法が盛り込まれます。一言で漆器と言っても、その種類は様々で美しい文様などが配されるため、その技術の差でも大きな変化が起こって行くのです。では、一体漆器にはどのような技術が用いられるのでしょうか。まずは、蒔絵です。蒔絵筆と呼ばれるもので漆で模様を描いていきます。 その文様が乾かないうちに金粉であったり銀粉をまき、磨きをかけて模様を作り上げます。平蒔絵や研出蒔絵、高蒔絵など日本独特の技法で作られるものは、高価な価格となります。また、沈金に螺鈿、拭き漆も有名です。堆朱に蒟醤もよく知られています。産地によっても、能代春慶、川連漆器、村上木彫堆朱 新潟漆器などの様々な漆器の種類があります。工芸品を超えた芸術品でもある、この漆器は現在でも多くの名作が生み出され続けています。 ご自宅に眠っている漆器類等がありましたら、是非骨董買取にお持ちください。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談